賃貸不動産の大家さんへ

物件は実際に見てみないと分からない!「借り手が付くか心配...」と思っていたところが実は優良物件だった話

更新日:

こんにちは、LivingTokyoの池田昇太です。

突然ですが、大家さんは物件すべてを自分の目で確認されていますか?

 

物件の情報だけ見て「こういうところに借り手は付かなさそうだな...」と思う物件でも、実際に行ってみたら優良物件であるケースがあります。

 

今回は、当社で管理している物件を例にして、契約する方がいなさそうと思っていたところが実は優良物件だったお話をご紹介します。

 

 

エレベーターの無い7階の部屋。築50年近くの物件は契約される?

今回ご紹介するのは、以下のような物件です。

■住所:東京都杉並区下高井戸3-3-3 チェリータワー
■交通:京王線 桜上水駅 徒歩4分 下高井戸駅 徒歩13分
■築年:1968年9月新築

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新築から約50年の建物にある7階部屋で、エレベーターがありません。

 

当社の社長・倉川が事前に下見した時の様子をお伝えします。

 

 

 

現地に到着しました。

倉川
エレベーターはないので階段で7階まで行きます

 

 

 

 

階段を登り、7階の部屋の前に来ました。ドアはペンキが剥がれているところが目立っています。

 

 

 

 

倉川
それでは中に入ってみたいと思います

 

 

実際に部屋に入ってみたら優良物件であることが分かった

倉川
中はこうなっていました。床のキズが少し目立ちますが、意外と奥行きが広いことが分かります。

 

 

 

 

倉川
外からの眺めも悪くありません。7階だと首都高よりも上になり、窓から新宿都庁も見えました

 

窓の外を見ると、下は緑になっており、首都高を見下ろせます。

 

 

 

 

遠くに新宿都庁が見えて、良い眺めでした。

 

 

 

 

建物自体は築50年近くなのでキズなどが目立ちますし、エレベーターがないにもかかわらず7階の部屋であるため、条件が悪いように思えました。

 

しかし、実際に部屋まで行ってみると、中が広く景色が良いため、意外と優良物件であることが分かります。

 

実際に、前の入居者が退居してから2カ月で新しく契約が決まりました。

本来なら床の張替えをしますが、賃料とのバランスを考えた結果、今回は床の冷蔵庫の跡はそのままにしてリフォーム代を抑えることを大家さんへ提案しました。その作戦は的中したため、問題なく次の方に借りてもらいました。

 

倉川
自分の目で見てみれば契約者の視点に立てるので、大家さんは物件の下見に行くことをオススメします!

 

 

もし当社に管理を任せたい、という方は是非以下からお気軽にご相談ください。

初回の相談は無料です。お気軽にどうぞ。

大家さんのお悩み事ご相談ください!

「管理会社が何もしてくれない」「空室で困っている」などの困りごとがあれば、当社までお気軽にご連絡ください。担当者から追ってご連絡させていただきます。

LivingTokyo株式会社

・電話:03-4570-2323
・メールアドレス:staff@living-tokyo.co.jp

-賃貸不動産の大家さんへ

Copyright© 東京の賃貸管理・空室対策のことならLivingTokyo株式会社 , 2020 All Rights Reserved.