賃貸不動産の大家さんへ

当社の裏側をご紹介!日々サービス&社内改善をしています。

更新日:

こんにちは、LivingTokyoの伊藤愛です。

今回は当社がやっていることの裏側のお話です。

当社では、日々の業務をこなしながら、様々なサービス改善をしています。

倉川
すごく小さなことから、システムを入れるまでいろんなことをしています。

なぜそんなことをしているのかというと、お客様に満足していただくため!・・・でもありますが、サービスを提供する側の従業員のためでもあるんです。

倉川
働く側が気持ちよく働ければ、提供するサービスも良いものになると思っています。

なので今回は最近行ったサービス改善のお話をしてみたいと思います。

「LivingTokyoの人ってどんな風に働いているのかな?」

など当社ついて知りたいと思っている方がいたらぜひ読んでみてください。

 

定期的に発生するコストを見直す。しかもかなり頻繁に。

当社では以前やったことがある工事や定期清掃でも、コストカットが出来るのであれば、必ず業者を検討したり、内容を検討するといったことをしています

例えば最近の例で言うと、定期清掃の内容を見直すといったことをしました。

具体的には、月に1回床にポリッシャーをかける(床をピカピカにする)が必要なのか?と考えたのです。

倉川
ポリッシャーを月1回することで、大家さんの負担として15,000円の費用がかかっていました。

結論としては、ポリッシャーを月1回はする必要ない、ということになり、代わりに月2回の定期清掃に変更。

すると15,000円のかかっていた定期清掃代が8,000円になったのです。

倉川
ただしこれもエントランス・廊下・階段が汚くなってしまったら意味がありません。なのでもしポリッシャーが必要な場合は、現場の状況を見ながら、大家さんへ提案する形にしています。

これはちょっとした費用かもしれませんが、清掃は定期的なもの。

ここを見直すことで大家さんの負担が減ると思い、改善しました。

 

年々の変化に対応!賃貸者契約書を常に改善しています。

当社では賃貸者契約書も常に更新するようにしています

なぜなら不動産の法律はどんどん変わっていくし、時代とともに取り入れた方がいいことがあるからです。

 

例えば最近では禁煙の風潮が強くなってきたため、物件に喫煙禁止と入れてみたり、特約を変えたりしています。

これはクレームを防止するとともに、大家さんを守るためにもとても必要なことだと思っています。

また大きく変更しないまでも、少しわかりにくい表現などが合った場合は即座に変更したり柔軟に対応しています。

 

従業員の働きやすさも大切!社内の環境も整えています。

当社では従業員の働きやすさも大切だと考えているので、社内の環境も整えています

最近特に力を入れているのは、社内の雰囲気をよくする活動です。

倉川
例えば社内にいる時間が長い社員のために、お花を飾ってみたり、目に優しいライトを入れてみたり、オフィスの配置を変えてみたり、環境の整備をしているんです。

あとはどうしてもパソコン作業が多くなってしまうので、目の疲れを癒してくれるホットアイマスクを置いたりしています(笑)

 

こういった環境を整える活動はやってみないとわかりませんが、反応がよかったものを残したりやめたりして色々試しています。

倉川
何事もやってみないと分からないですからね。

これは従業員のためでもありますが、これが回り回ってお客様のためになると思ってやっています。

 

今回の話のまとめ

当社では日々の業務を行いながら、いろんな改善をしています。

なぜなら物事は日々変化しているからです。

なので日々トライアンドエラーです。そうやって常に良くなるようにしています。

 

もし当社のような管理会社に共感していただける方は管理をお任せください。

当社では本当にいろんなことに柔軟に対応していくので、

「管理会社が何もしてくれない!」

と嘆くことはありません。

むしろいろんなことをするので、有難いことに大家さんには感謝されることが多いんです

なので、管理会社に不満がある方、どうにかして欲しい問題がある方はお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

-賃貸不動産の大家さんへ

Copyright© 東京の賃貸管理・空室対策のことならLivingTokyo株式会社 , 2020 All Rights Reserved.