活動レポート

騒音のご近所トラブルが起きたときの対処法

更新日:

こんにちは、LivingTokyoの伊藤愛です。

今回のお話は、騒音問題です。

最近はおうちにいることも多く、上の階の音が気になる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

騒音問題はご近所トラブルの中でも最も多いお悩みです。

今回はそんな騒音問題が起きた時の対処法についてお伝えしていきます。

  • 騒音が起きた時何をすればいいのか?
  • 警察に連絡するのか?管理会社に連絡するのか?

騒音問題に悩んだことがない方も、是非今後のために読んでみてください。

 

■騒音問題に悩まされたときの対処法

・連絡するのは警察か管理会社か

騒音問題は当事者同士で解決してください、というのが基本スタンスです。

そのため本来であれば当事者同士、つまり騒音を起こしている人に自分で注意しに行く必要があります。

ですが隣の人の顔も知らない、となると注意もしにくいもの。

そんな時警察に連絡するか、管理会社に連絡するか迷うと思いますが、

  • 度をすぎた騒音や事件性のある騒音の場合:警察
  • それ以外の騒音:管理会社

と覚えておくといいでしょう。

ただし最初もお伝えした通り、基本は当事者同士で解決してください、というスタンスです。そのため管理会社によっては「ご自身でご対応お願いします」と言われたり、うやむやにされて注意してくれなかったりします。

 

・騒音の証拠を残しておく

ですが繰り返される騒音や生活に支障が出るレベルでの騒音をどうにかしたい場合は、証拠を残しておくのも一つの手です。

証拠があれば管理会社としても注意しやすいからです。

なのでいつ、どんな騒音が起こったのか記録をとっておくことをおすすめします。

 

ちなみに当社ではそういったちょっとしたストレス(騒音)で我慢して入居者さんのストレスが堪らないように、当社に気軽に相談できるように整備しています。

具体的には入居者さんと連絡しやすいツール(LINEやFacebook)で繋がったり、更新の際には必ず会いに行くようにしています(現在は自粛ムードのため控えています)。

実際に今回お話しするような騒音のご相談はそういったツールで連絡を受け、なるべく早く対応するようにしています。

このような対応をするのは、入居者さんのストレスを減らすことが長期入居に繋がると考えているからです。

 

もし当社に管理を任せたい、という方は是非以下からお気軽にご相談ください。

初回の相談は無料です。お気軽にどうぞ。

大家さんのお悩み事ご相談ください!

「管理会社が何もしてくれない」「空室で困っている」などの困りごとがあれば、当社までお気軽にご連絡ください。担当者から追ってご連絡させていただきます。

LivingTokyo株式会社

・電話:03-4570-2323
・メールアドレス:staff@living-tokyo.co.jp

-活動レポート

Copyright© 東京の賃貸管理・空室対策のことならLivingTokyo株式会社 , 2020 All Rights Reserved.