あなたの賃貸経営をトータルにサポート。あなたにも、お客様にも心からの喜びを。

ガラ空き10室⇒既に5室契約済み!その理由は気軽に連絡が取れるLINEだった。

 
倉川 徹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
倉川 徹
大家さんの3つのお悩みを丸ごと解決、貸し手と借り手のパートナー、Living Tokyo(株)代表の倉川徹です。 大手不動産管理会社に不動産管理業務の指導をしていた経験があります。
詳しいプロフィールはこちら

本日は元かぼちゃの馬車のシェアハウスの契約がありました。

今回契約されたのは羽田空港にお勤めの川上さんです。

 

実は今回川上さんが契約されたシェアハウスは、実は以前までは10室全てがガラ空き状態でした。

ですが今や既に5部屋も埋まっている状態・・・!

 

なぜ今までがら空きだった10室が5室も決まったのか?

今回は入居者の川上さんの物件の決め手と、5部屋も埋まった当社の秘訣をご紹介します。

 

川上さんの住まいの悩み・物件の決め手

以前のご自宅はどんなことに悩まされていましたか?

以前の住まいはシェアハウスだったのですが、雨樋が壊れてその音がうるさく、騒音に悩まされていました。

 

契約の決め手はなんでしたか?

今まであった騒音がないというのはもちろんのこと、勤務先が近いことが決め手となりました。

また実際に物件を見て綺麗だったことも決め手となりました。

 

ガラ空き物件を埋められる当社の秘訣~LINEで気軽に連絡出来る~

お客様が気軽に連絡してもらえるLINEで対応

当社ではお客様が困ったときに気軽に連絡できる体制を整えています。

そのために取り入れているのがLINEです。

元々当社では、24時間トラブルに対応(しかも自動音声ではなく担当者が対応)していますが、やはり管理会社に連絡する敷居は高いもの。

その敷居を低くするためにもLINEを使って入居者の方のトラブル・困りごとに対応できるようにしています。

 

今回の場合、川上さんが騒音で悩んでいた!とのことでしたので、すぐにLINEで連絡先を交換しました。

当社ではそのような入居者に寄り添った対応を心がけています。

この記事を書いている人 - WRITER -
倉川 徹
大家さんの3つのお悩みを丸ごと解決、貸し手と借り手のパートナー、Living Tokyo(株)代表の倉川徹です。 大手不動産管理会社に不動産管理業務の指導をしていた経験があります。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Living Tokyo 株式会社 , 2018 All Rights Reserved.